ビジネスマンのファッションTips

スーツのビジネスマン/サラリーマン向けファッションブログです

【新入社員・就活生のスーツ選び】4 6月の予算3万円での靴選び(なぜ3万円?)

ピックアップ記事

スポンサーリンク

こんにちはトリグラフです。さて強引にシリーズ化している新入生・就活生のスーツ選び、前回は予算2万円のバッグ選びでした。

www.biz-fashion-tips.com

4回目の今回は、入社して2ヶ月ほどたった頃の6月のアイテム選び。いよいよ本命靴、それと靴磨きアイテムを選びたいと思います。というのもこの時期には梅雨になりますので、その前に本命靴を買っておき、1足目は雨の日用にする、というが初期プランでしたので。

 

ただ本命靴選びは書いてるうちにどんどん長くなってしまったので、3回に分けて書きます。今回は予算3万円の理由についてです。

靴は「3万円」が長く履ける目安

本命靴の予算は3万円!で行ってみたいと思います。多くの新入社員の方からすれば「靴に3万円とかありえねー」となるかもしれません。これは私見ですのでいろいろ異論もあるかと思いますが、靴は1足3万円(前後)を出すかどうかが長く履けるかどうかの一つのラインではないかと思い3万円と設定します。以下ではそう考える理由をいくつか挙げてみます。

(1)3万円出すと革質が良くなる

革靴の見た目でまず大きな差になってくるのが革質です。特に「ガラス革」と呼ばれる、一様な光沢のある革があります。

これは靴にあまり詳しくない人(ファッションに興味のない人)からすると全体に光沢があり好ましく思うかもしれないのですが、私だとやはり「銀付き革」とよばれる、革の自然な風合いを活かした革ののほうが、光沢が自然な感じでいいなと思います(勿論個人の嗜好ですので、ガラス革のほうが好きという方もいらっしゃるかと思います)。

また銀付き革でもクオリティはいろいろあるかと思いますが、3万円位の革靴を見てますと表面も滑らかで個人的にはもう十分という感じがします。

まぁ私の目が肥えていないだけだと言えばそうなのですが。ちなみに私の基準を紹介するために一応画像をあげてみます。

 f:id:triglav769:20170318220823j:image

本当はアッパー(甲)の革質で比較すべきですが、シワがひどくてかつ一方はパーフォレーション(穴飾り)入りで分かりにくいので、足の外側部分で比較しています。

左側はもう10年以上前に新婚旅行でイタリアに行ったときに買ったホールカットの革靴、右側は下の記事で紹介した宮城興業のセミオーダーの革靴です。

よーく見ると右側の方が革のキメが荒いのがわかりますでしょうか(たぶん左はカーフで右はキップ、なんだと思います。これ以上は革靴の専門家に任せた…)。3万円出せば大体左側以上の革質になると思います(宮城興業の方も3万円でセミオーダーということを考えれば十分アリです)。

www.biz-fashion-tips.com

(2)3万円出すと靴のデザインが普遍的になる

これも感覚的なことで申し訳ないのですが、安価な靴のデザインはなぜか悪い意味で目立つものが多いです。例えばスワールトゥ、こういうデザインです。 

このデザインは縦のラインを強調するためスマートに見えるのですが、どうしてもトゥ(つま先)が角ばってくるので目立って見えるます。

やはり長く履けるのはトゥの形が丸みを帯びたものです(スクエアトゥと言って角ばったつま先の物もありますが、それでもあまり角ばりすぎないものがいいかと)。

このトゥの形は靴のデザインの大きな比重を占めますが、確かに高級靴(1足8万円とか9万円とかそれ以上)のトゥのデザインは見ていて美しいなと思います。

ただ3万円位でも似たような感じにはなって着ますので、まず履いていて飽きるようなことはないでしょう。

(3)3万円出すと買えるブランドが増える

これも大きい理由です。2万円だと厳しいですが、3万円だとかなり選択肢が広がります。選択肢が広がればそれだけ自分好みの革靴も見つけやすくなりますので、納得の一側が選べるかと思います。

また革靴は見た目もさることながらサイズもちゃんと選ばないといけないアイテムですが、これが結構曲者で、長さが同じ靴でも履いた感じが全然違ったりします(スニーカーでもそうだと思いますが)。そういう意味でも選択肢が広がるのは良いことかと思います。

以上が3万円に設定する理由です。そして3万円というのは、新入社員の方の懐具合からしてもギリギリ出せなくはないという線ではないでしょうか?(というか私個人もこれくらいがほぼ限界です…)。

ちなみに10年前は「2万円」だったと思う

さて、上の比較画像に写ってる左側の革靴ですが、もう10年以上前にイタリアで買ったもので、当時確か150ユーロ位、1ユーロ150円位でしたから、大体22,500円程でしょうか。今、この値段で買おうとするとかなり厳しいと思います。

これは別にイタリアで買ったから安いんだろうというわけではなくて、国内でもカッコいい革靴が2万円位で買えてました(輸入品ですが)。ですので私が入社した頃は2万円が長く履ける靴の目安だったように思います。

つまりどんどん値上がりしているというわけでして、ちょっと無理してでも買っておいた方が良いのでは?という気がします。

じゃあ結局何がオススメなんだよ?ということですが、ちょっと長くなってきたので次回に続きます。

◆インスタグラムでVゾーン公開中です 

www.instagram.com 

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村