ビジネスマンのファッションTips

スーツのビジネスマン/サラリーマン向けファッションブログです

【オーダー限定】ラウンドタブカラーシャツ探索レポート!

ピックアップ記事

スポンサーリンク

こんにちはトリグラフです。先日、この春買いたいアイテムを書きました。 

biz-fashion-tips.hatenablog.com

今日は買いたい度80%と書きましたラウンドタブカラーシャツを探索しましたのでそのレポートです。なお私の場合シャツはイージーオーダー限定になりますのでご承知ください。

 

ビッグビジョン

オーダースーツ を楽しもう|オーダースーツ、オーダーシャツのお店「ビッグヴィジョン」

まずは私がいつもシャツを作っているビッグビジョンにGO。こちらはとにかく安いです。ポリエステル混紡を3枚一緒に買うと税抜13,500円。既製品より安いくらいですね。縫製は…普通だと思います。オーダーですがもうここでは10枚以上作ってると思いますので、生地とディテールさえ選べば『サイズは前と一緒で』で作れます。
で、肝心の生地。一番安い生地で探しましたが…うーん、サックスのブロードがないですね。3枚作るとして1枚はサックスのブロードにしたかったんですが…安い生地はどうも妙な織柄が多いように感じました。ちなみに1枚だと6,000円、2枚だと9,800円なので、2枚は作りたいところ。襟型はラウンドのタブカラーは標準ではないですが、頼めばやってもらえそうです。

グローバルスタイル

お次はこちら。ここでもシャツを作ったことがあります。値段は一度に買う枚数が増えるにつれ安くなるのはビッグビジョンと共通ですが、価格帯がたくさんありすぎて覚えていられませんでした。5枚作ると3万円程なので、一度にたくさん必要な方にはいいでしょう。といっても初オーダーでいきなり5枚はリスキーですがね。
生地の種類はそこそこありますが低価格帯だとやはりサックスのブロードが見当たらない。そんなに珍しい生地なんでしょうかね…?ラウンドのタブカラーはここも標準ではないですが、聞くとやはりやってもらえそうです。オーダー店ではこういう『とりあえず聞いてみる』は結構大事です。

麻布テーラー

雑誌にもよく登場するこちらのオーダー店。こちらではまだ作ったことはないのですが、ネットの評判もよさそうなので覗いてみました。一番安い生地でも税抜7,000円ですが綿100%ですね。たくさん作っても割引はないですが、値段は(綿100%と考えれば)良心的で、試しに1枚作ってみるのにはちょうど良いでしょう。
生地ですが、ここは7,000円とその上の10,000円の価格帯は白とブルー系しかありません。しかしこれは多くのビジネスマンにはかえって好都合ではないでしょうか。生地を絞ることで低価格を実現しているのだと思いますが、実際シャツを買うとして最初の10枚くらいはこういったスタンダードな色柄で作るのがいいでしょうから、これはよくビジネススタイルを考えられた提案だと思います。また標準でスプリットヨークというのも高評価。さらにこちらはラウンドタブカラーが標準であるようで、しかも写真で見ると私のイメージにかなり近い感じですね。特にビッグビジョンのラウンドカラーは、カラーの先端のみが少しラウンドしている感じで、ちょっとイメージと違うんですよね。
更にあとから麻布テーラーのラウンドカラーを検索してみますと、カッタウェイラウンドという襟型が!これはちょっと欲しいな…でもラウンドタブカラーも欲しいし…ウーン両方作ればいいんじゃないか?(笑)というわけで、今のところ麻布テーラーが最有力でしょうか。
ただしここは初めて作るお店なので、当然採寸してもらわないといけない。採寸が嫌なわけじゃないんですけど、どうしても最初の1枚ってまともに出来上がってこないというイメージが…勿論スーツもなんですけど、いろいろなお店で作るのはもう嫌だってくらいお店を転々としてるんですよね。まぁでも1枚でも割高じゃないから、そういう意味ではトライしやすいですね。
 
納期は大体1ヶ月くらいなので、早めに作らないとネクタイ締められる時期がどんどん短くなる…まぁ2月半ばくらいまでには決めましょう。まずはラウンドタブカラーを麻布テーラーで1枚作って、良さそうならカッタウェイラウンドかな?というわけでオーダーレポートも今後書く予定です。ではでは。

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村