読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネスマンのファッションTips

スーツのビジネスマン/サラリーマン向けファッションブログです

【アイテムレビュー】Atto Vannucci(アットヴァンヌッチ)セッテピエゲネクタイ

ピックアップ記事

こんにちはトリグラフです。今日は、先日のバーニーズニューヨークのグレートセールでの戦利品のネクタイのレビューをしたいと思います。セールの様子はこちら。

www.biz-fashion-tips.com

 

Atto Vannucci セッテピエゲ ネクタイ

f:id:triglav769:20170501143449j:image

f:id:triglav769:20170501143618j:image

セール会場では主にネクタイを漁っていたわけですが、ほとんどのネクタイがバーニーズオリジナルのところ、見知らぬタグのネクタイがありまして、それがこちらのAtto Vannucci(アットヴァンヌッチ)でありました。

その場でGoogle先生に聞いたところ、どうもTIE YOUR TIEに関係するようなしないような、ちょっと微妙なアレがあったような感じでしたが、メーカー名がSEVEN FOLDということであればセッテピエゲ(七つ折り)のネクタイかな?と思ってみてみたところ確かにそのようでした。

セッテピエゲのネクタイが税抜6,000円、色柄もベーシックということであれば、これは初セッテピエゲを買ってみようといことで購入に至ったというわけです。

ちなみにこの春はネクタイ3本目です。他2本はこちら。

www.biz-fashion-tips.com

 

www.biz-fashion-tips.com

セッテピエゲって何?

さっきからセッテピエゲセッテピエゲって書いてますが、これは芯地を使わずに生地を七つ折りすることで形作られているネクタイの事です。

ちょっと大剣を開いて撮った画像がこちら。

f:id:triglav769:20170501143927j:image

まぁ私が素人的な解説をするよりも、SEVEN FOLD社のホームページに解説が載っていましたので、こちらをご覧いただくほうが良いかと思います。

sevenfold | 「セッテピエゲ」

(ちなみに同社のサイトではネクタイを手縫いする動画が見られて、これもなかなか面白いです)

セッテピエゲの何がいいかって?それは私もわかりません、初めてですから(笑)。

しかしこれまで読んだことのある記事を総合すると「上手く結ぶとノット(結び目)がふわっとなる」らしいです。ですのでとりあえず結んでみました。 

f:id:triglav769:20170501144051j:image 

ちょっと結びにくいな、と思いつつ結んだんですが、多分このノットは失敗です。芯地がない分、どんどん締め上げるとかなりノットが小さくなるのですが、そうではなくてもっとふわっと結ぶものらしいので…これは練習あるのみでしょうか。

ただ私の場合、普段はノットが大きくなりすぎだなと思うことが多いのです。

理由は簡単で、小柄なので大剣を短めに結ぶので、本来ネクタイのノットになると想定されている部分よりも太いほう(大剣側)でノットを作ることになるためです。以前こちらの記事でも書きました。

www.biz-fashion-tips.com

そのため、ノットを小さくできることもメリットのように感じます。

一方ディンプル(ノットの下のくぼみ)については、芯地のないことによる柔らかみが出ているような気がしなくもない…

この辺は結んでいくうちに上手くなってくるかもしれません。

柔らかい折り目も特徴(保管には注意)

1番上の写真を見てもらうとわかると思いますが、ネクタイの折り目もキッチリ折ってあるのではなく、柔らかくふわっと折ってありますよね。これもディンプルと合わせて柔らかな印象を演出してくれると思います。

ただ、こういうネクタイは保管に少し注意が必要かと思っています。私は普段はネクタイは丸めて保管していますが、このネクタイは丸めてしまうとせっかくの柔らかい折り目がぺちゃんこになってしまいそうですので(そういう意味では一番上の写真はあまりよくありませんが)吊るして保管するようにしています。

色柄は?

色はブラウンにオーバル柄。ややヴィンテージ感があるかもしれませんが、まず使い途に困るような色柄ではありません。

f:id:triglav769:20170501201957j:image

大剣先端のアップ画像。オーバルの中が別の織り柄になっていて、実は凝った柄ですね。またこちらの画像だと折りの柔らかさに加えて、先端が手縫いであったり、芯地がないことで折り目がうっすら表に響いているのも見て取れます。

少し前に買ったフランコミヌッチのネクタイも、セッテピエゲではないですが大剣先端には芯地がない三巻仕様で、大剣先は似た感じの表情。

ちょっと頼りなさげに見えるのですが、それが何となく好きです。

ブラウン系のタイは4本目ですが、1本は無地、1本はスクエアの小紋柄、もう1本はレジメンタル(こちらはブラウンというよりブロンズという感じですが)なので、使い分けていきたいと思います。こちらの記事で紹介しています。

www.biz-fashion-tips.com

コーディネートは? 

ベルトと靴もブラウンを選んでおけばスーツは何でもOKでしょう(適当)。

まとめ:セッテピエゲがこの値段はなかなか無い

キャリー品とはいえ手縫いのセッテピエゲが税抜6,000円はなかなかない価格だと思います。

まぁネクタイのキャリー品なんて他人の手垢がいっぱいついてるだろと言われたらそうかもしれませんが、最近私はネクタイの色柄のほか仕様(スフォデラータとか) を気にするようにもなっていましたので、セッテピエゲはいつかは欲しいと思っていました。それがこのお値段で買えましたので、個人的には満足です。変な色柄というわけでもないですしね。

というわけでこのネクタイもGW明けから使っていきたいと思います。ではでは。
www.instagram.com 

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村