読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネスマンのファッションTips

スーツのビジネスマン/サラリーマン向けファッションブログです

【ビジネスマンのコーディネートTips】3 配色の基本(ネイビー・グレー・ブラウン3色)

ピックアップ記事

こんにちはトリグラフです。さて本シリーズ、前回はコントラストの重要性について書きました。
今回はビジネスマンのコーディネートの基本となる色について書きたいと思います。

配色の基本1:ビジネスマンの基本の3色 ネイビー・グレー・ブラウン

さて、ビジネスマンのコーディネートの基本色として代表的なのは、まずはネイビーとグレー。スーツの基本色がこの2色ですので、外すことはできません。
それともう一色、ブラウンも基本色に加えたいと思います。
ブラウンはネイビー・グレーに比べると基本色としての定着度はもう一歩かもしれません。ブラウンのスーツというのはビジネスマンの基本とは言いづらいですからね。
それでも私が基本色に加えるのは、ブラウンは二つの基本色のいずれとも馴染むことに加え、革靴がほぼ黒かブラウンの二択であり靴に限ればまさに基本色であること、各アイテムの色のバリエーションとしてもネイビーやグレーに次いで展開されていることが理由です。

配色の基本2:シャツの基本色は白とサックス(薄い青)

上の基本3色は特定のアイテムに限らない色ですが、シャツに限れば基本色は白とサックス(薄い青)ですね。
白は別格として、サックスが基本色であるなら薄いピンク、イエロー、グレーも基本色たりえるのでは?という意見もあるかもしれませんが、スーツの基本色であるネイビーとの相性を考えますとピンクやイエローは厳しいかと思いますし、グレーは清潔感という点でやや劣るかと思います。
以前記事にした麻布テーラーや土井縫工所でのオーダーシャツの品揃えをみても、一番ベーシックなラインの品ぞろえは白かサックスとなっています。

配色の基本3:ネクタイ-ベルト-靴の色合わせ

さて、以前も少し書いたことがあるのですが、私はネクタイーベルトー靴の色合わせに少々こだわりがあります。

通常、ベルトと靴の色を合わせるというのはよく言われることですが、私はそれに加えてネクタイの色にも気を使っています。

とはいえ勿論ネクタイは様々な色があるので全て合わせるわけではなく、私がこだわっているのは「ブラウン系ネクタイならブラウンのベルト・靴」というものです。

私はスーツスタイルは全体の調和が大切と考えていることは、これまでも書いてきました。

この考え方からすると、ネクタイがブラウン系であるのに、わざわざ(ブラウンのベルトも靴も定番色としてあるのに)黒のベルト・靴をするのは不自然と考えています。

特にネクタイとベルトは体のほぼ中心で交わりますので、そこに不自然さを出したくないのです。

妙なこだわりと思われるかもしれませんが、このこだわりを持つことで、逆にコーディネートが決まりやすくなります。

これを原則と書くのはやや気が引けますが、私のコーディネートの原則ということでご理解ください。

なお、ブラウン系以外のネクタイの場合でも気にしている点がありますが、それはその場その場で書きたいと思います。

以上の原則をもとに、ジャケット・パンツ・ネクタイの色合わせ考えるのが、スーツスタイルの色合わせの基本となります。

基本色だけのコーディネートは外れなし

まず基本色だけでのコーディネートを考えてみたいと思います。もっともシンプルなのはネイビー一色でしょうか。

ネイビースーツ×ネイビータイ

f:id:triglav769:20170407214015j:image
決して派手ではないですし、オシャレ的には物足りなさもあるかもしれませんが、誠実さ、清潔感という点では文句なしです。
少し捻りを加えるなら、ネイビードットのポケットチーフを挿すとオシャレさも演出できると思います。こちらはネイビージャケットですが参考までに。

https://www.instagram.com/p/BQeDUkhhLv3/

次にグレースーツとネイビータイの組み合わせを見てみましょう。

グレースーツ×ネイビータイ

f:id:triglav769:20170407215005j:image
グレー×ネイビーも誠実さや清潔感という点ではネイビー一色に負けないものがありますし、ネイビー一色のコーディネートに比べると少し洒落た感じも出ますね。
ネイビーだけのコーディネートもそうなのですが、ネクタイの色合いやシャツの襟型や柄などに少しアクセントを加えることでいろいろなバリエーションが考えられます。
次に、ネイビー×ブラウン、グレー×ブラウンのコーディネート。

ネイビースーツ×ブラウンタイ

f:id:triglav769:20170407215112j:image

グレースーツ×ブラウンタイ

f:id:triglav769:20170407215145j:image

ネイビーやグレーだけのコーディネートは若々しさを感じさせることが多いですが、ブラウンが入ることでやや大人っぽい、こなれた感じになります。
ネイビー×ブラウンはイタリア的配色の定番でアズーロ エ マローネと呼ばれるものですが、グレー×ブラウンの方が落ち着いて見えると思います。
次に基本3色を使ったコーディネート。

ネイビージャケット×グレーパンツ×ブラウンタイ

f:id:triglav769:20170408115734j:image

ジャケパンコーディネートということもあってかなりカジュアルに見えるかもしれませんが、それぞれの色が調和していて無理のないコーディネートになっていると思います。

また上下の色を入れ替えてこんな感じもいけますね。

グレージャケット×ネイビーパンツ×ブラウンタイ

f:id:triglav769:20170408115748j:image

上下の色を入れ替えただけですか、なんとなくこちらの方が都会的に見えませんか?

 
さて、今回は基本3色のコーディネートを紹介しましたが、どれも職場に受け入れられやすいコーディネートではないでしょうか。
かつ、特にブラウンの入った2色以上の組む合わせでは、大人っぽい落ち着きの中にもオシャレな感じが十分演出できるかと思います。
またこの記事ではネクタイは無地の物を用いましたが、柄物を入れることで、さらにバリエーションが広がります。
つまり、基本の3色だけでも、相当数のバリエーションがあり、十分オシャレを楽しめるということです。
私の普段のコーディネートもこの3色でのコーディネートが相当数を占めています。それをつまらないと思われる方もいらっしゃるとは思いますが、まずは基本を抑えるということも大切と思います。
次回はもう少し色を用いたコーディネートを紹介したいと思います。