読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネスマンのファッションTips

スーツのビジネスマン/サラリーマン向けファッションブログです

【ビジネスマンのコーディネートTips】4 配色の基本(その他の色)

ピックアップ記事

こんにちはトリグラフです。コーディネートの配色について、基本の3色(ネイビー・グレー・ブラウン)について書いた前回はこちら。

www.biz-fashion-tips.com

今回は基本色以外です。
 

 

基本色からの派生色 ブルー系

f:id:triglav769:20170509083002j:image

スーツの基本色のネイビーと同系統に属するブルー系のネクタイは、ネイビースーツとの相性は勿論、グレースーツとの相性も問題ありません。

ネイビータイと印象は異なってきますが、ネイビータイ同様にどうとでも合うかと思います。

イメージとしてはやはり若々しさが際立つ感じになりますね。

ただしベルトと靴の色をどうするかで少し見せ方に変化をつけられます。

黒にすれば若々しさが引き立つ一歩、茶にすれば少し大人っぽい印象になります。

前回の記事で、ネクタイとベルトと靴の色についてちょっとこだわりがあることを書きましたが、ブルー系のネクタイなら黒でも茶でもOKと思っています。

その他の色のネクタイ

他にネクタイでよく使われる色だと、イエロー、レッド、グリーン、ベージュ、オレンジ、いろいろありますが、どれも単色のネクタイなら問題ないですね。

ピンク系のネクタイ。

f:id:triglav769:20170518074412j:image

ベージュ系のネクタイ

f:id:triglav769:20170518074532j:image

グリーン系のネクタイ

f:id:triglav769:20170518204056j:image

まぁ、面白みがないのですが、コーディネートのしやすさを考えると、ネクタイの色は

  • 単色
  • その色と白とのレジメンタルorドット

というのがやっぱり使いやすいです。

色同士の組み合わせなら、どちらかは基本色だと合わせやすくなると思います。

例えばネイビーと他の色のレジメンタルとか。

f:id:triglav769:20170519084612j:image

黒の使い方について

ところで、私は黒が苦手です。極力黒のアイテムは買わないようにしています。 黒と合う色って、同じ無彩色のグレーとか白しかないんじゃないかって思います。

特に面積の大きなコートが黒だと、他にどんな色を合わせてもその色が浮いてしまう気がするんですよね。また黒いバッグだと、茶色の靴とどうかな?と思いますし。

逆に黒って何にでも合うじゃない?っていう意見もあると思うんですが…皆様はいかがでしょうか?

TPOを考える

さて、ここまでは配色の良しあしだけを見てきましたが、ビジネスマンとしてはその日の予定を考えてコーディネートする必要がある場合もあります。

前回の基本3色のコーディネートなら、多くの場面で無難な組み合わせでしょう(ジャケパンはダメ、という場面はあるかもしれませんが)。

今回のうち、鮮やかなピンクやグリーンのネクタイをすると、人目をひき、若々しく見えますので、何かの講師をするとか、プレゼンターをするといったときにはいいかもしれません。

一方で自分より目上の人ばかりの会議に出席する、普段スーツを着ないで仕事をしている職場(工場など)に出張するなど、あまり派手にしないほうがいいケースもあるでしょう。

もちろん職場のカルチャーとか、ご自身の考え方もあるかと思いますので一概には言えませんが、そういうことを考える点も含めてコーディネートを楽しめたらと思います。

まとめ:コーディネートのしやすさは色数を抑えるのがポイント

まぁ、書いてて思ったんですけどやっぱりこれでしょうかね。というか自分の手持ちのネクタイがこんなのばっかりでした。

色数を抑えればコーディネートがまとまりやすくなるのは当たり前なんですけど、とりあえずこれ以外まとめが思い浮かびませんでした、ごめんなさい。

 

今回の配色シリーズは、私自身の配色ルールがシンプルすぎてあまり皆様にお伝えできる内容がなかったですね、見切り発車で記事を書いてしまいました。

とりあえず今回はこれでひとまず完結としておいて、先々追記していきたいと思います。

www.instagram.com 

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村