ビジネスマンのファッションTips

スーツのビジネスマン/サラリーマン向けファッションブログです

【ジーンズ】RESOLUTE(リゾルト)の710をユーズドで購入しました!

ピックアップ記事

スポンサーリンク

こんにちは。今日は最近購入したジーンズを紹介します。

目次

ジーンズのアップデートが難しい

最近太めのパンツが台頭してきても、相変わらず細いパンツばかり履いてます。

ジーンズについては、昔はスキニーも履いてましたしたが、ここ10年くらいは流石にスキニーはやめて、スリムフィットくらいにしていました。すそ幅でいうと、スキニーだと11cmくらい、スリムフィットだと15cmくらいですね。

ただ最近はこのスリムフィットでもちょっと細いなぁと思うことが多くなりました。もうちょっとだけボリュームが欲しい。

それで5月にUNIQLOのジーンズで太めのものを買ってみて、履いてもみたのですが、なんかちょっと違うなぁと思ってました。

テーパードがほとんどないストレートのジーンズなのですが、ちょっ違うなぁと。買う前に何度も試着してるのですが…

それで改めて考えたのですが、ここ10年、いやそれ以上、ジーンズはUNIQLOでしか購入してないんですよね。

なのでUNIQLOとGUしか見てなかったのですが、別にジーンズ作ってるのはこの二つだけじゃないし、他も探してみることに。

で、探索と試着を繰り返して購入したのがこちら。

RESOLUTE(リゾルト)の定番、710モデル。あまり色落ちが進んでないユーズドを4,290円で購入しました。

RESOLUTE(リゾルト)の紹介

リゾルトはデニム専業のブランドで、デニム業界で20年以上デザイナーを務める林芳亨さんのブランドです。

モデル展開は4種類のみ。履き込んで色落ちしてきた時に同じものをいつでも買えるように、という考え方のようです。

また定番モデルの710はウエストだけでなくレングスもかなり選べるところが特徴。レングス毎に少しずつシルエットも調整しているので、自分にピッタリなサイズを選べるようです。

私にとってはウエストが26からあるのも嬉しいポイント。男性用は28からが多いと思いますが、28だと大きいことが多いので。

710はやや細身のスッキリしたジーンズで、日本人のボリュームのないお尻でも綺麗なラインが出るように設計されています。

価格は新品だと24,200園。ウエスト36以上は1,100円アップです。

それでは私の購入したアイテムを見ていきましょう。写真を再掲。

左脚の膝あたりにやや履き込み感がありますが、全体的にはまだまだ濃紺といえる色です。ジーンズのユーズドを買うときに、自分の膝位置と違うところに色落ちがあるとちょっと困りますが、これならあまり気にせず履いていけるかなと思います。

また左脚はサイドシームが大きく捻れて正面に来ていますが、これは捻れ防止加工をあえてしていない、リゾルトの特徴のようです。

続いて裏側

表側以上に履き込み感は薄いですね。ジーンズ好きであればステッチとかを色々語るところなのかもしれませんが、詳しくないのでよくわかりません。

パッチの画像

紙パッチで、ブランド名とサイズが記載されただけのシンプルなパッチです。

ウエストは26インチ、レングスは30インチ。あとで着画もお見せしますが、ウエストはジャストですがレングスは少し長いです。

続いてフロント部分

こちらはボタンフライのモデル。ボタンの数はレングスで違うようです。ボタンフライのパンツなんて履くの、何年振りだろうか…20年は履いてない気がします。

ウエスト部分にはRのタグがついています。

生地は、まだ少し毛羽立ちが残る感じです。

最後に裾部分

セルビッジがあります。赤耳、ならぬ、オレンジ耳です。セルビッジジーンズを履くのもえらい久しぶりです。高校生のころは、もっと太いセルビッジジーンズを、15cmくらい折り返して履いてたなぁ(アラフォーの方、流行りましたよね?)。

裾はチェーンステッチ。そしてレングスが選べるので裾のアタリが残せます。こだわる人には嬉しいかなと。

すそ幅は18cmで、少し細めですね。

履いてみます

履いた感じはこちら。ちなみに購入後、自宅で洗濯して天日干ししました。

シルエットはすごく好みですね。「UNIQLOのスリムフィットのジーンズより少しだけボリュームのあるジーンズ」という私の希望にピッタリです。お尻あたりが少し余って見えますがこれは仕方ないかな。

裾は3cmほど折ってます。多分折らずにこの丈で、スニーカーならそこから更に折るのがピッタリのサイズでしょうから、レングスは29がジャストでしょう。

ただ、レングスの実寸は70cmでこれは新品そのままのようなので、乾燥機にいれたら2-3cmくらいは縮められると思います。しばらくこの丈で履いてみて、気に入らなければ乾燥機かなと思います。

性懲りも無くジャングルファティーグに合わせてみました

この日は黒のジャブスTにグレー系のCOROAのネッカチーフ、黒のローファーでシャープなイメージに。ジーンズもまだまだ濃紺なので合っているかと思います。

リゾルトのジーンズは色落ちも綺麗に出るらしいですが、私は週1で履くくらいなのでなかなか色落ちは進まないでしょう。濃紺の状態を長く楽しめるのでそれはそれで良いかなと思います。

新品だと2万円以上するところ、状態の良いユーズドを見つけられたのも良かったです。

というか、同じリゾルトのホワイトジーンズも欲しくなってきました。こちらは2020年に出たブランド10周年記念限定モデルなのですが、こちらではまだ買えるのかな?



今回はジーンズのご紹介でした。本当はUNIQLOの2本を紹介するつもりだったのですが、なんかうまく着こなせなくて、結局細めに落ち着いてしまいました。結果的には良い物が買えたのでよしとしたいと思います。

リゾルトのジーンズはyoutubeやブログでも頻繁に取り上げられていますので、興味のわいた方は是非検索してみてください。ではでは。